【とうらぶ・4-2】若き天下人の敗北【第十七回】

Pocket

こんにちは~tsuruです。
昨日福岡市博物館へ『へし切長谷部』を見に行ってきました!
まだへし切はまだ出てないからついでに出るよう祈願でもしとくか~っていう感じだったのですが
まさかの前日に出ちゃいましてね。純粋な気持ちで行くことに。
やはり名のある刀はオーラが違いますね!しばらく眺めていても飽きませんでした。
せっかくだから関連グッズを売店で買いました。

日本号 (2)
見てみて~綺麗でしょ!?日 本 号のクリアファイル!!
…うん、へし切長谷部の何かがほしかったんだけど何にも無くてね。絵葉書すら…
ちなみに日本号は蜻蛉切や御手杵と並ぶ日本三大名槍の一つでそのうちとうらぶにも実装されると思われます。
なので日本号が実装されて来るべき日本号ブームが来たときにまた自慢します。そのための先行投資。
しっかしこの画像では分かりにくいですがこの槍の柄と鞘には螺鈿の細工がしてあり刃の部分にも龍が彫ってあり
全体的に派手なんですよね。しかも酒関連の逸話が有名なので『大柄の派手な酒呑み』というキャラになると
どこぞの大太刀とかぶるなぁ…と
とは言っても今の装飾は当時の装飾とは違うそうなのでどちらを採用するかにもよりますが…
とにかく日本号の実装待ってます。というお話でした。違う、へし切の話だ。
…じゃなくて、今回は4-2『三方ヶ原』のステージに挑戦です。脱線しすぎた。

とうらぶ011 (1)とうらぶ011 (7)
というわけで気を取り直して待ちに待った三方ヶ原の戦いです。隊は右の通り。
この戦いを簡単に解説すると徳川家康が攻めてきた武田信玄に挑むも木端微塵にされて無様に逃げ帰った…って感じです。
家康に付き物の脱●キャラという汚名もこの戦いで付いたものですね。
他にも書きたいことありますがこの辺で、全部書いてたらいつまでも本題に行かないからね。
ただこの戦いは蜻蛉切の前の持ち主の育ての親ともいえる叔父上が亡くなってるのでそれを考えるとどうも乗り気にならない…

とうらぶ011 (9)とうらぶ011 (2)
道中~敵の隊の名前が胸に突き刺さります…堀川君や兼さんもこんな気持ちで1-1に挑んでいたのかしら。
敵自体はこのレベルだと遠戦以外では特に討ちもらすことも無いため攻撃を受けることはほぼないです。
しかし相変わらず小夜君の兵装ばかり狙ってくるのは止めてほしいですね。
一つしか枠がないからせめて良いものを積ませようと思っているので。

とうらぶ011 (3)
そしてまたもや一発で行けてしまいました。妙なルートでしたが。
もしかして蜻蛉切がいると固定か!?さすが運営!と思い周回してみたら普通に外れたので多分違います。
内の賽子は1回で行けるときと10回以上行けない時と極端な賽子です。

とうらぶ011 (4)
というわけでボス。多少兵装は剥がされましたが特に危なげなく勝利。
基本とうらぶは兵装ガン積みとそれなりのレベル(ランクアップ前後)の大太刀がいれば安定して勝てますからね。
あ、でも打刀や短刀の子達が少し討ちもらしてました。
やばいか!?と思いましたが大太刀ブラザーズが一掃してくれたので助かりましたが…
つまりスリルのある戦いがしたいなら大太刀、薙刀無し縛りにすることですかね。
全クリしたらやってみますかね、短刀縛りとか。

とうらぶ011 (5)
てことで勝利画面。ああ、やはり今回ばかりは武田に勝ち徳川の繁栄を願うそんな相手と戦うのは辛かった…て

とうらぶ011 (8)
家康撤退阻止…つまり家康狙いということはお 前 ら 武 田 側 じゃ ねぇ か(怒)
三方ヶ原で負けた徳川の歴史を変えたいのだろう勝手に同情したらとんだ裏切りだよ!!
まあ思い返せば関ヶ原だったり将軍暗殺だったりと以前から反・徳川な面が見えてはいた…
こうなると敵陣営は適当に思いついた改変ではなくある程度意志をもって改変しに来ているという感じですね。
暇なときにでもボスの隊名を集めて見ますかね。まだクエスト残っているのでコンプには少し時間がかかりそうですが。

とうらぶ011 (6)
ということで次のステージは桶狭間です。これも相当有名ですね。
ということでまた次回!!

以下4-2ドロップ結果です!
宗三左文字、燭台切光忠×2、にっかり青江、鳴狐
まだあまりドロップしていませんが燭台切が2度も出てくれてホクホクですね。連結的な意味で。
戦国の記憶に入ってから太刀が沢山出てくれるようになった気がします。

Pocket