プリンセスラッシュ◇◇プレリポ 50巻 喫茶店の看板アイドル 『2.初めての接客』◇◇

Pocket

期間限定イベント『喫茶店の看板アイドル』ストーリーです。

ストーリーは途中、画像+文章でUPしています。

戦闘画像は初級・上級の分です。超級はありません。ストーリーはどれも同じ。

 

 

2.初めての接客 行動値消費:(初級)5 (上級)10 (超級)40

2-1

 

テテル「と言っても、今日が初出勤なのでまだまだこれからなんですけどね~」

 

2-2

2-3

2-4

 

テテル「この子はシフォンちゃんと言ってお店のお菓子をぜ~んぶ作ってくれてるんですよ~♪」

 

2-5

2-6

 

ミーユ「わぁ~♪美味しそうなイチゴです~。ありがとうございます~」

テテル「ふふふっ♪ シフォンちゃんったら照れ屋さんなんだから~」

シフォン「ち、違いますよ!? これはたまたま持ってただけで……」

 

2-7

2-8

 

フェリオス「パクッ……」

 

2-9

2-10

 

魔王様はツッコミが早い。で、戦闘開始!

 

◎◎初級ザコ戦 1◎◎

2-11
◎◎初級ザコ戦 2◎◎

2-13b
◎◎初級 ボス戦◎◎

2-12
◎◎上級ザコ戦 1◎◎

2-14
◎◎上級ザコ戦 2◎◎

2-15
◎◎上級 ボス戦◎◎

2-16b

初級のレベルは上がってないが、上級はザコが少しレベル上がったように感じる。

ここで詰まったら次で完全に積むので、上級進めるかの目安になる。

上級のガーゴイル系(ここでは青い石像みたいなヤツ)からは、たまにレアな素材が入手できる。

 

 

2-17

 

シフォン「それ、昨日考案した新作なんですよ!喜んでもらえて何よりです」

ユミル「あの……」

テテル「あっ、ユミルちゃん♪ もう大丈夫~?」

 

2-18

 

シフォン「初めての接客だったんだから仕方ないよ。次、頑張ろっ!」

ユミル「はい……が、頑張ります」

 

2-19

2-20

2-21

 

シフォン「それがちょっと違うんですよね。ユミルちゃんはテテル店長が雇ったアイドルなんです」

 

2-22

2-23

2-24

2-25

END

 

アイドルが飛んだり跳ねたり…はあながち間違ってはない。気がする。

それにしてもユミルはあがり症のアイドルだったのかー。それで、いらっせいますえ納得。

可愛いからそれを合言葉でいいと思う。

 

Pocket