【とうらぶ・5-4】阿津賀志って…【第三十一回】

Pocket

キラキラネームというか…夜露死苦!系の名づけセンスだなーと思う。こんばんは、tsuruです。
今回はトップに表示される画像をちょっと凝ってみました。人選は適当です。

というわけでとうとう現在の最終ステージである『厚樫山・阿津賀志山の戦い』に挑戦です。
鎌倉幕府には二つの成立年度(1185(いいハコ)と1192(いい国))の説があるのですが
これはちょうど間にある1189年の戦いになります。いい箔つけよう!
というわけで箔を付けるためにいざ出陣!です。

とうらぶ019 (2)とうらぶ019 (3)
ババーン!これまた迷いそうなマップ…というわけで方向をメモしました。
一見右下がボスマスに見えますが実は中の方向がボスという罠まで実装済みです。
勿論私も引っかかりました。
ちなみにこのマップBGMが変わって禍々しい雰囲気になっております。

とうらぶ019 (19)とうらぶ019 (18)
道中。短刀は脇差が多めだったので岩融君大活躍です。育てて良かったいわとおし。
でも画像でもわかる通り陸奥守の兵装を付け忘れて出陣という大失態を犯しているのでここは撤退。
改めて出陣、ですが中々たどり着けない。
しかもやっとたどり着いたと思ったらね、さっき言った通りボスマスじゃなかったっていうね。
でも3回目でやっと戌の目が出てくれました。賽子君ありがとう。

とうらぶ019 (15)とうらぶ019 (12)
てことでボスです。なんというか…オールスターって感じですね。短刀以外全種いるのかな?
そしてすでに兵装が何体かやられている状態でも容赦なく飛んでくる矢に鉄砲に石。
その結果…

とうらぶ019 (11)とうらぶ019 (13)
はいビフォー→アフター 下3人の兵装が見事持っていかれました。さようなら私のなけなしの資源の結晶。
そして鶯丸もかすり傷を…さようなら私のなけなしの資源。
毎度のことではありますがこちらは兵装やられまくっているのに相手は無傷なのが嫌ですね。
しかも短刀ですら兵装3つしかも特上を積んでるという…

とうらぶ019 (14)とうらぶ019 (4)
てことで最終決戦!!
なのですが、見事なまでに完封してくれたので特筆すべきことが無いくらいの瞬殺でした。

とうらぶ019 (6)とうらぶ019 (7)
一番の楽しみである経験値&任務報酬!
これで馬はコンプリート!とりあえず最近手に入れた石切丸に渡しました、けど乗らずに祈祷してるのかというくらい超鈍足。

とうらぶ019 (10)
あ、鶯丸君の手入れはそこまで資材いらずに済みましたー!
やはり軽傷が必要資材や時間が跳ね上がる壁ですね。

そしてドロップ結果です。
5-4
大倶利伽羅、獅子王×2、和泉守兼定、山伏国広、燭台切光忠、
同田貫正国×2、次郎太刀×2、御手杵、蜻蛉切、和泉守兼定

超・豪・華…!
今まで出てこなかった槍や大太刀が普通に出てくるので軽いカルチャーショックです。

とうらぶ019 (1)
そして久々のドロップでの新キャラゲットです!御手杵君!!
いやー前少し彼について調べたら俄然欲しくなってたので嬉しいです!
彼の本体…槍は戦闘画像で見られるのですがやはり槍とは別物に見えますね。
他の三名槍と比べると逸話がパッとしないとぼやいてますが、
私としては見た目の出落ち感が他よりずば抜けてるから十分だと思います。

とうらぶ019 (16)
丁度内番が終わったところだったので早速蜻蛉切と一緒に畑仕事をしてもらいました。
画像は帰って来た時のものですが始める時の会話が
蜻蛉切「三河では武士もよく畑仕事をしていたからな」
御手杵「だから俺は刺すしかできないから耕すとか無理だって!」
とまるで蜻蛉切が御手杵君を無理やり引っ張っている感じでにやけましたw
しかしジャージに自分の名前…て高校生感半端ないっすね。蜻蛉切との服の格差に笑えます。
あ、そういえば小判がたまったので景趣の新しいのを購入しました!舞散る桜が美しいです(*’▽’)
冬の庭もよかったのですがやはり和と言えば桜!ということで春の庭に。
でも冬の庭もほしいのでまた小判集め一から頑張ります!

てことでこのステージではドロップが相当美味しいことを知ったのでしばらく周回しようと思います。
それではまた次回!

Pocket