ダンジョンRPG職人たちの冒険■洞窟地下4Fボス・腐海の使者■

Pocket

1

洞窟地下4Fに行くよー。

2

例のアレが巨大ボスだったらどうしよう……と嫌な予感がよぎりまくる。

一応、新聞紙は山のように持ってきた。が、ボスクラスに果たして丸めた新聞紙は効くのかどうか。

 

いざ開戦!!

3

アレじゃなかったあああーーー!よかったあぁぁぁーーー!

ってより虫は虫でも、

森へお帰り。

の方だった!!

4

全員青き衣に着替える間もなく、攻撃してみる。

あ、これは蟲笛なくても森へ帰せるかも。

5

ネギ塩タンの『大木切り』がやたら効く。

スパっとタテにいくのか。あまり想像したくない。

6

名前分かった。

考えることは皆同じだな。

いっそ清々しいほど同じか!

7

はさむのは両手だろうか。口ではさまれるのは遠慮したい。ネトっとしてそう。

8

そんな…マスクをしなければ5分で肺が腐ってしまう死の洞窟になってしまう。

9

でもその前に、無事森へ帰ってくれた。めでたしめでたし。

世界は再生への道を歩き出す―――

 

10

余韻に浸る間もなく、恒例の石?祭りっすよ。

11

大気が、大気が怒りに満ちておる……。

ここまで絶対狙ったとしか思えない石の色合いだった。

 

この後、また回復に余裕あったので、
「メーヴェ作った職人に会ってみたい」
「いや、巨神兵だろ」
と盛り上がりながら、宝箱回収した。

12

ある程度歩いたら疲れたから街へ戻る。

13

レベル上がった!腐海のお陰か!

14

石は、『死毒の宝玉』だった。名前的には5分も経たずに肺が腐りそうだ。

 

 

 
これで4Fまでの洞窟のボスは全員倒した。

次は地下5Fに行きたい。のだが…………入り口なかった気がする。

次の入り口を見つけた記憶がない。多分。

次回もう一度見直してみるよ。

 
今日は今からナウシカの原作読み返す!

クシャナ殿下の男前っぷりに痺れる。

蟲を前にして、両脇に負傷した部下を抱えながら子守唄を口ずさむシーンが一番好きだ。

 

Pocket