プリンセスラッシュ◇◇プレリポ 139巻 書物の街と姫君 『3.書物の姫君』◇◇

Pocket

期間限定討伐イベント『書物の街と姫君』ストーリーです。

画像+文章でUPしています。

戦闘は初級・上級・超級と分けてます。ストーリーは全部同じ。

 

 

3.書物の姫君 行動値消費:(初級)6 (上級)11 (超級)16

 

3書物の姫君1

3書物の姫君2

3書物の姫君3

3書物の姫君4

 

シルリー「忘れないのはいいんですけど、困ることもあるんですよね……私、推理小説が好きなんですけど、この間読んでた本の最後を間違って見ちゃったんですよ~。その時に見た犯人の名前が頭から離れなくて……オチが分かってるのに、読んでて楽しいわけないですよね!?」

リリエッタ「じゃあ読まなきゃいいじゃない?」

シルリー「そんなこと出来るわけないでしょ~! 私は書物の姫君として、全てを知らないといけないんです~!」

 

3書物の姫君5

 

リリエッタ「そんなことより、あんたに見てもらいたいのはこれよ」

 

3書物の姫君6

 

シルリー「……なんですかこれは? おもちゃですか~?」

 

3書物の姫君7

3書物の姫君8

3書物の姫君9

3書物の姫君10

3書物の姫君11

 

間違えられても仕方ない。

戦闘開始!

 

◎◎初級ザコ戦 1◎◎

3書物の姫君12

◎◎初級ザコ戦 2◎◎

3書物の姫君13

◎◎初級 ボス戦◎◎

3書物の姫君14

◎◎上級ザコ戦 1◎◎

3書物の姫君15

◎◎上級ザコ戦 2◎◎

3書物の姫君16

◎◎上級 ボス戦◎◎

3書物の姫君17

◎◎超級ザコ戦 1◎◎

3書物の姫君18

◎◎超級ザコ戦 2◎◎

3書物の姫君19

◎◎超級 ボス戦◎◎

3書物の姫君20

このステージでも、初級と上級は出てくるモンスターが同じ。難易度も変わっていない。

戦闘にちょっと余裕があったので、魔族パーティや人間パーティに代えてみた。

イルジア(初級・上級でリーダーにしているコ)は、この時までずっと火属性だと思っていた。よく見たら無属性だったよ!

見た目で火だと勘違いしてた。この後、しれっとフェイクと変えたw

 

 

3書物の姫君21

 

シルリー「魔剣ですか~。 う~ん……どこかで見たような~、見てないような~」

 

3書物の姫君22

3書物の姫君23

 

リリエッタ「それじゃ意味ないでしょ!? 本当に何でもいいから、思い出してちょうだい!」

 

3書物の姫君24

 

アーシェラ「何か思い出したかのう?」

シルリー「……ちょっと違ったみたいです。 もう少し時間をくれませんか~?」

 

・・・・・・

 

3書物の姫君25

3書物の姫君26

3書物の姫君27

3書物の姫君28

 

END

 

姫なのに、自分で洗濯物…。

もしかして、姫君というのは別称というか称号のようなものなのか?

だったら、城ではなく屋敷に住んでいて納得。

玄関から屋敷内に入るのに、一度屋外へ出るほど(しかもモンスターまでいる)広い屋敷なのも納得。

 

Pocket