プリンセスラッシュ◇◇プレリポ 141巻 書物の街と姫君 『5.本に記された名』◇◇

Pocket

期間限定討伐イベント『書物の街と姫君』ストーリーです。

画像+文章でUPしています。

戦闘は初級・上級・超級と分けてます。ストーリーは全部同じ。

 

 

5.本に記された名 行動値消費:(初級)7 (上級)12 (超級)17

 

5本に記された名1

5本に記された名2

5本に記された名3

 

シルリー「あ、気にしないでください~。私の勉強不足がわかったので、もっと色んな本を読むようにします~」

 

5本に記された名4

5本に記された名5

5本に記された名6

 

シルリー「あぁ、そのことですか? もちろん本で読んだんですよ?」

ミーユ「本……ですか?」

 

5本に記された名7

 

シルリー「違いますよ~? たしかあれは……あ、ありました~。 この本ですよ~」

アーシェラ「自伝の様じゃのう? 著者は誰なんじゃ?」

フェリオス「『レオウルフ』って書いてあるね」

 

5本に記された名8

5本に記された名9

 

何故ファティマはうすい本の存在を知っている?

戦闘開始!

 

◎◎初級ザコ戦 1◎◎

5本に記された名10

◎◎初級ザコ戦 2◎◎

5本に記された名11

◎◎初級ザコ戦 3◎◎

5本に記された名12

◎◎初級 ボス戦◎◎

5本に記された名13

◎◎上級ザコ戦 1◎◎

5本に記された名14

◎◎上級ザコ戦 2◎◎

5本に記された名15

◎◎上級ザコ戦 3◎◎

5本に記された名16

◎◎上級 ボス戦◎◎

5本に記された名17

◎◎超級ザコ戦 1◎◎

5本に記された名18

◎◎超級ザコ戦 2◎◎

5本に記された名19

◎◎超級ザコ戦 3◎◎

5本に記された名20

◎◎超級 ボス戦◎◎

5本に記された名21

初級・上級・超級共、ボスはそれほど苦戦せずに勝てた。(ランク75)

ただ、超級は火属性で揃えた方が楽になる。

ボスの全体攻撃を食らうとマヒして動けなくなるので、避けれそうなら1人でも多く避けていくのが無難。

途中のザコの強さも今までより少し上がった気がした。

 

 

5本に記された名22

 

リリエッタ「こんなものいつの間に……」

シルリー「あんまり売れてないみたいですよ~? 結構前に街の古本屋でたまたま見つけたんです~。娘さんのことが大好きみたいで、小さい頃の恥ずかしいエピソードとか、それはもう事細かく……」

 

ビリビリビリ………

 

5本に記された名24

 

ミーユ「そ、それはシルリーさんのだよ!? なのに破いちゃうなんて……」

アーシェラ「読みたかったのに残念じゃ」

リリエッタ「あんたは読まなくていいのよ!」

 

5本に記された名25

 

シルリー「大丈夫ですよ~。 ここに置いてあるのは観賞用なので、布教用で良ければ持ってきますけど、読みますか?」

リリエッタ「もう1冊買ったの!?」

シルリー「そんなはずないじゃないですか~。保存用も入れたら3冊ですよ♪」

 

5本に記された名26

5本に記された名27

5本に記された名28

5本に記された名29

5本に記された名30

 

END

 

シルリーの本の集め方がマニアだった。

もちろん保存用には透明カバーをかけているのですね!分かります!

 

ストーリーはここで終了。

最後リリエッタの突っ込みで終わるのは、もはや定番なのか。

次は、超級で戦闘のみのステージあるよ。

 

Pocket