艦これレポート改 第四十七回  第十一号作戦って?

Pocket

皆さんこんにちは。

春イベントの情報がまた少しだけ小出しされましたね。

ホント艦これ運営さんは焦らすのがお好きなようで(笑)

今度は作戦名でした。

 

bandicam 2015-04-14 14-55-36-720

第十一号作戦

元々私は海軍の事やWWⅡに詳しく無いので完全に初めて聞く作戦ですが、艦これのまとめサイトからの情報によりますと、どうやら史実では実施されなかったセイロン島攻略作戦の作戦名らしいです。

セイロン沖海戦だったら実際にあった海戦なので第十一号作戦は別物なのでしょうか?

もし同じ物をモチーフにしたイベントなら、何故第十一号作戦の方をイベントの作戦名にしたんでしょうね?

少し調べてみたのですが、第十一号作戦では殆ど情報が得られませんでした。実施されなかった作戦ですしね。

仕方ないのでセイロン沖海戦を調べました。

 

 

セイロン沖海戦

 

セイロン沖海戦(セイロンおきかいせん)は、1942年4月5日から4月9日にインド洋のセイロン島沖で日本海軍の空母機動部隊とイギリス海軍の東洋艦隊の間で行われた海戦である。

 

日本軍大本営は、作戦全体として空母1隻、甲巡2隻、乙巡2隻、駆逐艦1隻、哨戒艇1隻、船舶27隻撃沈、乙巡1隻、船舶23隻大破、航空機撃墜120機と華々しい大本営発表を行った。

 

だそうで、詳しく書くともの凄い量になるので書けませんが、結果だけを見ると日本の勝利した海戦だったようです。

ですが、後の目から見ると色々と問題点も指摘されています。

戦果に喜んだ艦隊司令部はいくつかの対策を怠り、それがミッドウェーの敗戦につながったとも。

敵艦隊発見の際の兵装転換の不手際、防空態勢の不備・索敵の不備など沢山の改善点、貴重な戦訓を生かす事無く…

 

また、第一航空艦隊のインド洋進出に合わせて、第一南遣艦隊も行動を開始していた。この目的はインド洋→ベンガル湾→カルカッタに至る通商路を攻撃する事で、ビルマ方面の連合軍を牽制し、アンダマン諸島への反攻企図を阻止することにあった。

とありますので、二正面作戦、つまり夏イベントであったお札が帰ってくる可能性も微レ存!?

 

日本の勝利した海戦がモチーフなのでそんなに難しくないイベントかもしれないし、約20日間イベントがある上に備蓄を促す運営さんのツイートもあったから難しいイベントかもしれないし…

うーん、わかりませんね!(思考放棄)

個人的には…あくまで個人的にはですが、イベントは難しい方が嬉しいです。

去年秋イベは2日で終わってしまったし、冬イベントも全て甲でやっても1週間かからずに終わってしまいました。

やり応えのあるイベントがやりたいですね。

ですが、艦これも登録者数300万という大きなコンテンツになっています。

初心者やあまり時間の取れない社会人提督にも楽しめるようなイベントにしないといけませんからね。

その点、難易度選択制度の実装は大変良かったと思います。

イベントまでまだ二週間以上あるのにテンション上がって来ちゃったなぁ。

 

第四十八回に続く。http://buzz-game.jp/?p=21886

Pocket