ポケットガール~永久の錬金術師~ 23◇◆チョコ育成日記 その21◆◇

Pocket

今回はイベントストーリー連続でいくよー。

 

毎月欠かさず続いたから、スケジュール画像全部飛ばして、

ストーリーオンリーでいっくにゃ~☆(声は脳内変換希望)

 

1

 

★★ 人魚の肉? イベントストーリー ★★

 

大商人ファハド「さて、どうしましょうかねえこれは……」

その日、広場には人だかりができていた。

人だかりの真ん中には、豪華な衣装に身をまとったファハドがいて、その前には大きな魚の半身がある。

しっぽの側に近く、頭の方が無いらしい。

大商人ファハド「あっ、チョコさんではないですか。ちょうど良かった」

大商人ファハド「これ、人魚の下半身らしいんですが、本物かどうか鑑定できますかね?」

なにやら、怪しい行商人から買ったらしい。人魚の下半身、という名前の大きな魚の半身。

さて、どうしよう。

2
『とりあえず食べて判断する』を選択

 

大商人ファハド「ほほう!食べてみるとは、なかなか豪気な判定の仕方ですな!」

大商人ファハド「いいでしょう、少しだけおすそわけしましょうか」

実は、案外間違いではないはずと思っている。人魚の肉は不老長寿の薬として知られている。

大商人ファハド「それではどうぞ」

一口食べて、噛みしめる。美味しい。

大商人ファハド「いかがですかチョコさん?」

問われたので、偽物である根拠を伝えると、ファハドはがっかりするかと思いきや、たいそう喜んだ。

大商人ファハド「そうですか! 偽物を店で売らずに済みました!ありがとうございます!」

商売人としては、偽物を掴まされることより、偽物を売ることの方がダメージになるらしい。

感謝されて、お礼に謎の魚をもらうことができた。

 END

3

『謎の魚の切り身』を貰った。エエエー。

4

説明を見てみる。

怪しさ満載だが、次のプレゼントにしてみる…とか?

5

結構初期の頃にあったストーリー再来!

懐かし過ぎて最初気づかなかった。

 

★★ 女の花園 イベントストーリー ★★

 

散歩をしていると、女達が集まって喋っているのが目に留まった。エレノアとローラ、それにルーシーが加わっている。

普段あまり見かけない組み合わせだが、いったい何をしているのだろう。少し離れたところから様子を見ていると、気付かれてしまった。

ローラがこちらに向かって手招きをしている。さて、どうしようか。

6
『気付かないふりをして離れる』を選択

 

今なら気付かないふりをして離れてもいい気がする。ローラは特に話好きなので、足止めされたら長くなりそうだ。

そう思い、その場を離れようとしたときだった。

アサシン・ローラ「気付かないふりをして~、どこに行こうとしているのかしらチョコちゃ~ん♪」

怖い、すごく怖い。さすがアサシン。まるで瞬間移動をしたようだ。

仕方なく話に加わると、近所の野良猫が最近子供を生んだということを話していた。子猫……飼いたいなあ。

7
『どこにいるの?』を選択

 

修道女エレノア「教会の横の、雑貨屋さんの裏の方なんですけどね、もうどの子も里親が見つかったみたいです」

アサシン・ローラ「あんまり野良猫がいると~、肉屋や魚屋が困るからね~、よかったわ~」

メイド長ルーシー「その顔はチョコさん、飼いたかったみたいね」

メイド長ルーシー「うちで一匹だけ引き取ったから、今度遊びに来る?」

その誘いに、強く頷くチョコ。ルーシーは苦手だが、子猫は触りたい。

嬉しいお誘いに、思わず笑顔になるチョコだった。

END

8

何もなく終了。全体的に猫絡みの話多いね。

 

9

そうこうしていると、もう12月。早い早い。

今年も皆勤賞並みに踊舞会出て、優勝!

10

イベント途中だが、優勝の証拠を構わずスクショ。

これで名声もMAXになったはず!でもそれを確かめる前に、ストーリーからですな。

11

改めてストーリー開始!新イベント&新キャラだった。

 

★★ ハンターの初挑戦 イベントストーリー ★★

 

ハンター・クロエ「なあチョコ、お願いがあるんだが……」

珍しく、クロエがもじもじとしながら、カフェの前で話しかけてきた。クロエにはお世話になっている。

少しくらい無理をしてでも、お願いを聞いてあげたい。

ハンター・クロエ「あ、あのさ! ケーキを……食べてみたいんだ!」

12
『なぜか理由を問い詰めてみる』を選択

 

ハンター・クロエ「えっ、あの……ケーキ、食べてみたかったんだ……まだ食べたことなくて……」

ハンター・クロエ「やっぱあれだな、オレにケーキは似合わないよな……!」

ハンター・クロエ「すまないチョコ! またオレのところに遊びにきてくれ、な!」

こちらの返事を待たず、クロエは一方的に喋ると、その場を勢いよく去っていった。

何となく分かっていたが、少し意地悪をしてみたかった。

悪い事をしてしまったなあと、さすがのチョコも今回は少し反省したのだった。

END

13

何もなかった。ストーリー的にモラル-1とかになりそうだが…。

 

14

ここで改めて、ステータス!

名声もMAX!いいねー。

こうなったら、俊敏力もMAXにしてみるかな。

 

てことで、また次回!

謎の魚の切り身をプレゼントするyo!

 

Pocket