【ゆるドラ】しょうもない冗談で再び命をけずることになったおっさん

Pocket

またまたメインクエスト進めました~!
前回はヘイムダルという盗聴好きなおっさんがギャラルホルンという戦争が始まる引き金となる危険な笛を冗談で吹こうとしていたのでみんなでフルボッコにしたところで終わりでした。
そして、今回もまた・・・
 
~神々を送る会~
 
あまり長居するとまたおっさんが笛を吹きかねないので早めにここを出ようという話に。
001 002
そうだね。
すでに反応がなくなったというのにそれでもトール様とスルズでボッコボコにしていたからね。
もう無理かも分かんね。
003
大丈夫だった。
004 005
何で少年漫画調なのw
しかし傷1つないとはこのおっさん只者じゃねぇ・・・!(乗っかってみる)
006 007
エッ?また!?
冗談なのか何なのか分からないので、とりあえず再びフルボッコ確定。
 
▼ステージ1、2ボス
008 011
ここまでは雷炎闇水属性の敵が出現しました。
途中ちょい強めの敵も。
009 010
なにこの技カッコイイ!
少しリヴァイアサンの必殺コマンドと似てますね。
 
で、敵が一旦落ち着き。
012 013
軽く挑発してきつつ。
014 015
これは完全に遊んでいやがる。
016 017
実力知らないけど強そうなこの2人が本気だしたらやばそうな気がする。
ということでフレイヤ先輩からの指令。
「全力で息の音を止めろ」
 
▼ラスボス
018
今回は★4に進化した状態で出てきました!
でも前回同様、シェラサードのデッドエンドエッジで一発。
019 020
攻撃も乱れ突きとかでそんな大きなダメージを与えられることはなかったです。
 
で、ヘイムダル最期の言葉。
021 022
これ試練だったんだ。
023 024
また生き返った!
025 026
ゆるドラ最強はフレイヤ先輩かもしれない・・・
 
で、フレイヤ先輩は疲れちゃったとのことなのでヴァルハラ神殿に行く前に家に帰ってゆっくり休むそうです。
ということで今回はここまでです!
Pocket