【しんけん!!】私が一体何をしたって言うんだ…【その8】

Pocket

はい!本日二度目のこんにちは!お鶴です。
今回は堰を切ったようにデレ始めた真剣少女たちを紹介していこうと思います。
最初は練度を上げたらデレるのかと思ってましたがどうもステータスのハートマークのバーが関係していたようで、
ちゃんと一つ一つ見ていかなきゃだめだなあと反省しました。属性とかも把握できてないのでまだまだ未熟です。

しんけん!!その8  (11)
気を取り直してデレ顔紹介!まずはこう見えて長女なさよちゃん!!ちょっと恐ろしい…じゃなくて不器用な笑顔です。
残念ながらデレてもネガティブなのは変わりませんがまたそこが愛おしくもあります。

しんけん!!その8  (5)
お次はにかちゃん…予想通りの眩しい笑顔です!ただ妖刀時にすでにこの表情が出ているのでそれを思い出されるのが辛い…
いつも通りの幼い台詞の中に少し背伸びした台詞がありますがそれがまた幼さを際立たせることに…
手を出そうにも違法感すごいので躊躇してしまいます、いや、よく考えたら全員違法なのですが。

しんけん!!その8  (3)
次も違法ガール、ふくらちゃん!はわっ!という掛け声とともに結構大胆なことをしてきます。
大人しい顔をして結構やり手ですね、これは引っかからないように気を付けなくては…
え?この花とプレゼント?いや、ふくらちゃんに似合うと思って…別に貢いでるわけじゃないよ?違うよ?

しんけん!!その8  (6)
次はこうずちゃん…どうしたのその顔…
しまりのない顔と違い台詞はそこまで甘くありませんが間違いなくデレてくれています。
しかし愛し合ってる同士というよりは不良少女と熱血先生のような関係に思えますね。

しんけん!!その8  (7)
続いてきっかちゃん、優しい笑顔に癒されますね。
こちらも恋人というよりは戦友という感じ、だがそれが良い。

しんけん!!その8  (4)
まだまだ続きますよ、お次はみよしさん。今は後方支援で頑張っていてもらってます。
なんだか台詞がいちいちやらしさを含んでいるように思うのは私の心がけがれているからでしょうか…?

しんけん!!その8  (2)
次はやとりちゃん。奥義を覚えた少し後にこの表情になってくれました。
部隊の唯一の大業物である彼女の育成はかなり苦労したので嬉しさも一入でした。
一緒に寝たいと思っていたので(健全な意味で)誘ってくれるのが嬉しいです。可愛い。

しんけん!!その8  (10)
次は初めての鍛刀で来てくれた最初の女性の上部ちゃん。
優しい笑顔に違わず優しい台詞に正妻の余裕を感じます。いや、正妻にした覚えはありませんけども。

しんけん!!その8  (8)
次はきりこちゃん…可愛い笑顔ですね。
彼女の台詞は…なんというか…もう!私の胸に飛び込んでおいで!!
…という感じです。ほら!遠慮せずに!!

しんけん!!その8  (9)
お次はながよちゃん!自信満々な笑顔です。
本人は私は素直じゃないと言ってますがかなり素直になってくれたと思います。
だって最初があれだったからなあ。あれには驚いた。

しんけん!!その8  (1)
無茶苦茶笑顔ですねめづるちゃん…一体刀匠との間に何があったのでしょうか…
台詞も相当ですね…やはりヤンデレの気質がありそうです。頼むから他の子達に危害を加えないでね。

しんけん!!その8  (14)
だ か ら 何 が あ っ た の
その表情なんだよ…なんだか息荒いし…私にどうしろと言うの…ギャップがあればいいってものじゃないよ?
この子を連れて町内を回ろうものなら私を頼ってくれている民草たちによからぬ誤解を受けそうです。
…まあ私を慕ってくれるのは嬉しいけどもうちょっと抑え気味にお願いします。

…というわけでこれで今デレている子はこれで全員です。
はこちゃんやあたきちゃん、むつみちゃんももう少ししたらデレてくれそうなので楽しみです。
…嘘ですちょっと心配もあります。ちゃんと理性を保ってくれてますように!

というわけで今回はこれで終わりですが最後にメンテ前に鍛刀したら新しい子が来てくれたのでご紹介しておきます。

しんけん!!その8  (12)
ジャーン!一振りいちごちゃん!いらっしゃーい!!
魂鋼並70と熱量1000で出たので驚きました…かなりレアそうな子だと思っていたので。
キャラ紹介ではおっとりした感じの子かと思いきや結構騒がしい系の子でした!
早速奉納でレベルを上げて奥義を覚えてもらいました!

しんけん!!その8  (13)
怖いよ!!!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
でもカッコいいですねぇ、育てたら相当頼りになりそうです。
彼女のデレ顔も気になりますね、普段から開眼するようになるのかな?

そろそろメンテ明けますしイベント楽しみです!
どうかあまり混雑しませんように…

それではまた次回!

Pocket