ポケットガール~永久の錬金術師~ 35◇◆シフォン育成日記 その4◇

Pocket

シフォン成長したよ!

モラル娘とはまた違った真面目そうな容姿になった。

メガネいいね!!

1

誕生日なのでプレゼント渡そう。誕生日用のスチルあったら嬉しいと思った。

2

宝石プレゼントしたら、何かの数値が上がるかと思ったが、

3

好感度+10だけだった。

でも好感度高いな!さすが宝石だな!

 

姿変わったから、冒険の見た目も変わる。

4

服も真面目だね。肌色少ない。

 

さて、成長したシフォンでスケジュール組んでくよ!

5

腕力100前後にキープするようにしていく。

6

新しい街イベントが始まった。

ライアンのイメージがいまだに掴めん。

 

★★ ライアンのお土産 イベントストーリー ★★

 

博徒ライアン「おーいシフォン、久しぶりだなあ!」

それほどでもないけど、というのは言わない方がいいのだろう。

ライアンはなにやら機嫌が良さそうに、紙に包まれた何かをずいと目の前に差し出した。

博徒ライアン「少し里帰りしてたんでな、これは土産だ」

博徒ライアン「しかも、少し面白いからくりが施してあってな、開ける前に何を考えたかで三種類に変化するらしいんだ」

博徒ライアン「俺もすごく興味深いし、目の前で開けてくれないか?」

なるほど、自分が一番興味があるものを買ってきたというわけか。

7
『ライアンに開けさせる』を選択

 

博徒ライアン「え、俺が開けるの?」

博徒ライアン「何か俺が開けたら予想通りのものが出て来そうな気が……」

そして出て来たのは、まさに予想通り、お酒だった。

博徒ライアン「やれやれ、シフォンのお土産にしたはずなのに、これで良かったのか?」

博徒ライアン「お菓子や料理に使う? 飲まないの? もったいねえなあ」

色々言われたが、ちょうどお酒を切らしていたのだ。

これはこれでちょうどいい。お礼を言って、酒をもらった。

END

 

8

リンゴ酒を貰った。願った物が出てくるなんて、お土産に最適な品だと思うよ。

自分も酒が出てくる予感するわ。

 

9

また同じスケジュール組んでみた。習い事系のイベントはないのかね?

10

そして冒険にも行くよ!

魔法少女はモラルも大事。かもしれない。

11

順調なステータス。

今回、名声をどこまで上げるか悩み所なんだよね。MAXにしてまた女王エンド…というのは避けたい。

12

俊敏力も時々上げる。薬屋は固定ですよ。そしたら、

13

薬屋イベント始まった!

シフォンで薬屋イベントコンプしたい。したいったらしたい。

 

★★ 精霊結石の効果 イベントストーリー ★★

 

シフォンが薬屋に行くと、その日は臨時休業の張り紙がしてあった。

だが、うっすらと開いている窓から、ファハドがシフォンを見つけた。

大商人ファハド「何だ、誰かと思ったらシフォンさんじゃないですか」

大商人ファハド「うちに用事があったんではないですか?」

大商人ファハド「ちょうど良かったので、寄っていきませんか」

 

14
『色々思うところはあるけれど、一応中に入る』を選択

 

大商人ファハド「おー、来てくれましたね! ありがとうございます♪」

大商人ファハド「いやあよかったよかった。実は困っていたところなんですよ!」

ものすごくいい笑顔でシフォンに接してくるファハド。

やっぱりか、とシフォンは既に来なきゃ良かったかもと、諦めモードだ。だが、これもまた勉強。

何が出るかは分からないが――

大商人ファハド「これなんですけどね。綺麗でしょう?」

大商人ファハド「精霊結石というもので、何千年の間に精霊達の骨などが自然に固まって、宝石になったものなんです」

大商人ファハド「何らかの魔法の効果はあるようなんですが、私たち商人ではそれが分からないんですよね」

なるほど、これにどんな効果があるのか知りたい、というわけらしい。

効果を試すのはいいけれども、何かお礼をもらいたい。どうしようか?

15
『引き受ける』を選択

 

一度発動すれば、永遠に暖かな光を放つという効果だった。

大商人ファハド「なるほど、美術品の材料などに使うと面白そうですね」

大商人ファハド「こいつは高く売れそうだ……シフォンさん、ありがとうございました」

もう少し、勉強が必要かも知れない。

END

 

16

何もなし。

ラスト辺り、微妙に話が通じてない。

他の選択肢との兼ね合いか、スクショミスってページを飛ばしたかは、また次にイベント発生したら判明するので、ページ飛ばしてたらさりげなく修正しておきますw

 

17

たまには気まぐれに別のバイトも行ってみる。

屋台は腕力と知力が上がり、俊敏力が下がるので、習い事でフォローしてみた。

18

全然関係ない城イベントが始まった。

街と城イベントはランダム発生みたいだね。

 

★★  王宮の決まり イベントストーリー ★★

 

メイド長ルーシー「いいですかシフォンさん、これよりトーマは王宮の警備の決まりにより、一切動けなくなります」

メイド長ルーシー「一時間ほどの間ですが、喋ることもできませんから、話しかけないようにしてくださいね」

近衛騎士トーマ「…………」

王宮のことはよく分からないが、そういう決まりらしい。

なるほど、いつにもましてムッツリとした表情をしているトーマ。

しかし、そう言われると、何だかいたずらを仕掛けたくなる。

19
『じっと見つける』を選択

 

近衛騎士トーマ「…………」

視線を合わせようともしない。そこで、真正面に回って見つめてみる。

近衛騎士トーマ「…………」

メイド長ルーシー「何をしているのですかシフォンさん……?」

突然現れたルーシーに、思わず大声を上げそうになる。

頑張るトーマを観察して、自分の仕事に活かそうとしていた。

などと理由をつけ、シフォンは足早に城を後にした。

END

20

何もなく終わり。知力かモラルが-1になるかと思った。

選択肢によってパラメーター変わっても面白いのに。

 

 

ではではまた次回!

次も薬屋三昧で行くよー。

 

Pocket