ポケットガール~永久の錬金術師~ 43◇◆シフォン育成日記 その12(EDあり)◇

Pocket

!!!!!エンディングネタバレあり!!!!!

見たくない方はここで引き返してくださーい(・ω・)ノ

やってきました!シフォンENDの日!!

 

チョコをじっくりこってり進めた&シフォンは要領よくサクサク進めた結果、

今回はあっという間のラストとなった。

1

あっという間でも寂しさはあるよ、シフォン。

可愛い笑顔も今日でラストかー。

2

最後にスケジュール確認してみる。

魔女っ子理想のステータスだな、うん。

欲を言えば、モラルをもう少し上げてもよかったかもしれない。

3

最後は、今回のメイン先とお疲れ様でしたの旅行で締めくくるよ!

 

このスケジュールの後、

4

エンディングが始まった。

画は一緒なので、文章でUPします。

 

 

★★ シフォン エンディング ★★

 

魔導士として正式な魔法使いと認められた中で、とりわけ優秀な物達だけの精鋭軍団。

神か悪魔にも等しい力を持つと言われ、その実態は謎に包まれている。

宮廷魔術師、それは魔法使いを目指すものが憧れる、知恵の極北。

三人集まれば万の軍に等しく、十人集まれば世界すら変える力を持つ。

魔法屋フェレス「――というものです。分かりましたかシフォンさん?」

こくこくと力強く頷きながら、シフォンはペンを走らせる。

かなり強い魔力を手に入れ、その噂は今や国中に知られるほどとなっていた。

だが、まだ駆け出しの魔導士だったシフォンにとって、宮廷魔術師という身分は、いわば天の上にある見えない何かにも等しい。

全く無縁の、いつかはなりたい憧れだった。

そんなものに、シフォンは昨日なってしまったのだ。

国王から授与される世界樹の枝を削って作った枝と、法皇が祝福を施したローブに身を包んでもなお、まだ実感が湧かない。

魔法屋フェレス「あ、そうだ。どんな高価な魔法材料も、全て王室の経費で落とせるんですよ! この一万年前のマンドラゴラの根とかどうですか?」

フェレスは自分の得意先が一人増えたことから、うきうきしながら店にある貴重な薬草や珍品を紹介する。

まだ慣れない高貴な身分に戸惑いながら、シフォンは新しい魔法の創作に思いを巡らせる。

世界に平和と幸福をもたらす、軌跡のような大魔法。

それをいつか、自分の手で完成させようと――

フェレスの店にシフォンが来る。

そう聞いていたのに、私は敢えて店に来てしまった。

店の奥から少しだけ、死角になる場所で二人のやりとりを聞いている。

おっちょこちょいで、頑張り屋のシフォンが、この国に強い影響力を持つ宮廷魔術師となったことは、誇らしくもあり、同時に不安でもある。

だが、立派な装備と衣装に身を包んだその姿を見て、やっと複雑な思いに決着をつけることができた。

彼女はもう、国の宝となったのだ。

これからは私以上の魔力を使い、新たな世界を切り開いていくだろう。

私はそれをワクワクしながらここで見守っている。

ありがとうシフォン、その未来に幸多かれと祈っておこう―――

 

5

~宮廷魔術師END~

 

魔女っ子!の上級バージョンになった。

宮廷魔術師とは……名声が高過ぎたのか?

500以下にしていたら、普通の魔女っ子になったのだろうか?

そこら辺は今度試してみようと思う。

 

ただ、このブログは今回で終了です。

 

全クリアまでしようと思ってましたが、このサイト自体が6月末で更新止まるので、ポケガもここで終了となります。うーん残念…

でも個人的には最後までやりますよ!

ブログ用にスクショ撮り続けなければ、1日で1人育てられた。

ちなみに次の娘は、何もせず数値初期からほぼ変えずにやってみたw

結果は、普通の娘だったヨ。

どんな姿でどんなストーリーなのかは、是非ともその目で確かめてみてください!!

 

このゲームはやって損なし、本当に面白い!

不具合は特に感じなかった。

時々、スクショ後に画面が真っ黒になっていたが(他の操作したら戻る)、普通にゲームしてたら問題ないので、不具合ではないw

音楽もいいし、声も可愛い。

時間ある時にちょいちょい出来る手軽さが最大の強みだと思う。

そう言いつつ、どんどん進めたくなる引き込まれ感もある。

娘が成長したら、小さなガッツポーズ出るほど嬉しくなるw

 

このブログを読んで、自分好みの娘を育てたくなってもらえたら嬉しいです。

 

ではでは、今まで読んでくださってありがとうございました!!

 

まだどこかでお会いできる日まで!

 

 

Pocket